2017年 02月 26日

赤メスティン

a0116599_15381729.jpg

2013年からスタートした当店オリジナルのトランギアの赤シリーズ。発売から4年経ちますが、おかげさまでその人気は衰える事なく続いています。定番の人気商品となったこちらのシリーズの始まりとなった「赤メスティン」改めて紹介したいと思います。

a0116599_15381726.jpg

当店のトランギアの赤シリーズはケトルやストームクッカー等においては昔のモデルが赤だったので「復刻」という事になりますが、メスティンは「復刻」ではありません。赤メスティンというものはそもそもありませんでした。

赤いフタのメスティンがあったら、いいなあ。

ふとそんな事を考えたのです。なにしろトランギアの赤というものは、廃盤となって希少になったから魅力があるわけではなく、始めから魅力的な赤だったのです。当時のカタログにある商品は赤、赤、赤!トランギアといえば赤だったのです。その赤をフィールドに持ち出して使うのは、当時の私にとって憧れのイメージを再現する楽しい時間でした。

そこで、赤いメスティンの製作開始です!特に難しい事はありません。なにしろ、知り合いの塗装会社の方から「なにか塗って欲しいものがあれば、持ってきて!」と以前から言われてましたので、話は早いのです。新しいメスティンと思い出の赤いキャンピングセットを持って、「これと同じ色に塗ってください!」とお願いしました。

単純に赤く塗るということであれば、自分でもできます。塗装については学生時代に学びましたし、塗装の仕事をした事もあります。しかし、同じ色に塗る、つまり「調色」については、そうそうできるものではありません。そこはプロの領域です。そうして、仕上がってきたのがこのメスティンです。そこには独特の朱色がかった「あの赤」が見事に再現されていたのです!

a0116599_16543676.jpg

見事に再現されたその赤ですが、トランギアの赤の塗装はざらついたような独特な仕上げになっており、平滑ではないのです。そこで塗装会社の方からざらつきを表現してもらいました。


a0116599_15381121.jpg

表面に凹凸があるのが確認できると思います。一眼レフカメラのボディの塗装などと同じ仕上げです。これにより質感も雰囲気も耐久性も向上しました。ついに赤メスティンは完成しました!

こうして現在でもその生産は続けられ、皆様の元へと旅だっております。当時の赤を知る人はもちろん、知らない人にもこの赤を魅力として感じていただけたのは予想外でしたが、とても嬉しい事でした。これからも赤メスティンをよろしくお願いします。




a0116599_17110071.jpg




a0116599_15381158.jpg


購入はこちらから





















[PR]

# by decembershop | 2017-02-26 18:30 | 調理器具/食器
2017年 02月 12日

スノートレッキング&ジップフィー



a0116599_1141083.jpg

今年も雪が少ない年ですが、山形は雪国ですので雪遊びをするくらいの雪はしっかりあります。
今回は人気のキャンプ場「一番星ヴィレッジ」の面々が遥々東京から遊びに来たので山形の雪遊びをご案内です!

a0116599_11132483.jpg

今年から当店のスノートレッキングは「スノーシュー」だけなく「かんじき」でやってます。それぞれお好みで選んだら、出発です!ちなみに先頭の黄色の方は、「かんじき」と「六角の竹ポール」と渋いセレクトで挑んでおります。さあ、どんどん歩いていきましょう。雪の上はどこを歩いても構いません!自分の道を切り開いて進んでください!

a0116599_11183223.jpg

全然進んでませんが、記念撮影。まだまだ元気です!雪の上はとにかく楽しいのです!

a0116599_1120765.jpg

当店のスノートレッキングツアー恒例の雪上ダッシュです!黄色の人はいいスタートを切りました!

a0116599_11212099.jpg

黄色の人(カンジキ着用)はダッシュ力が強く、あっという間にフレームアウト!
ダッシュ力は「カンジキ」に軍配です。

a0116599_11231528.jpg

ここからは登りです。謎のポーズに見えますが真剣です。
スノーシューでもカンジキでも登りはちょっとコツがいります。
これもまたアトラクションです。がんばって登りましょう!

a0116599_11355458.jpg

それぞれ自分の道を登って行くのです!気分はアルピニスト!?


a0116599_11365363.jpg

男性陣はやはり自分だけの道を!いい絵ですね!

a0116599_11374625.jpg

休憩にはまだ早いですよ〜!もう少し登ってください。

a0116599_11383937.jpg

男性陣が休んでいる間に女性陣がどんどんやってきました。安定したペースです!

a0116599_11392493.jpg

ダッシュでがんばりすぎた為、ひと休み。雪の上ならどこで寝てもOKです!ごゆっくりどうぞ〜!

a0116599_11404935.jpg

黙々と頂上?を目指します。自分の中で何かが生まれたのでしょう。雪山と対峙する凛々しい後ろ姿!?

a0116599_1142728.jpg

丘の頂上まであと少し!その勇姿を写真に納めます。

a0116599_11453441.jpg

無事に丘に登頂したので、雪でテーブルを作ります。
今回は裾野を見渡せるように、長いカウンター型で製作!

a0116599_11475326.jpg

お待ちかねのお茶タイムです!いつもの甘〜い紅茶です。チョコレートもありますよ〜!
おいしい時間をゆっくり楽しみましょう!真っ白に写ってますが、立派なカウンターが出来上がりました。

a0116599_11535975.jpg

次はソリ遊びです!自由自在にコントロールできるソリ!ジップフィーで遊びます!

a0116599_11555479.jpg


おもちゃのようですが、そのポテンシャルは高いのです。今日はジャンプ台を作って遊びます!

a0116599_1158185.jpg

飛びます!

a0116599_11575017.jpg

飛びます!

a0116599_11571134.jpg

飛びます!

a0116599_11564353.jpg

飛びます!

a0116599_11562349.jpg

飛びます!

a0116599_11585777.jpg


埋もれます!
滑って、飛んで、埋もれるだけなのですが、これがまた最高に楽しいのです!

a0116599_1629811.jpg

たっぷり遊びました。夢中になりすぎて予定時間をすっかり過ぎてしまいました。これから東京に帰るというのに遊びすぎです。帰りは、歩きチームとジップフィーチームです。ジップフィーチームは滑って降りれるので楽チンです。

a0116599_1637579.jpg

ジップフィーで滑るの図(その1)

a0116599_1638524.jpg

ジップフィーで滑るの図(その2)
もはやレース中のような意気込みです!坂がなくても気合いですべります!

a0116599_16394893.jpg


a0116599_16404832.jpg


a0116599_1641837.jpg



お疲れ様でした。
今日も一日子供になりました!


今回子供になった面々の運営する楽しいキャンプ場!はコチラ!



春になったら遊びにいきまーす!









[PR]

# by decembershop | 2017-02-12 16:46 | ZIPFYジプフィー
2016年 10月 14日

テンマクデザイン×DECEMBER  サイレントツーバーナー!

a0116599_1939121.jpg

いよいよ発売となりましたサイレントツーバーナー。「シンプル」というコンセプトどおり、すっきりとしたデザインに仕上がりましたが、すっきりしすぎてわかりにくい部分も多いかと思います。そこで基本的な使い方をこちらで説明いたします。

a0116599_1949411.jpg

サイレントツーバーナーはアルコールバーナーのツーバーナーです。アルコールバーナーの特徴の一つである「音がしない」ということから「サイレントツーバーナー」という名前をつけました。ガソリンバーナーなどの独特の音も楽しみに通じるところではありますが、静寂の中でケトルの口から湯気が吹き出すのを見て湯が沸いた事を知るというのは、なかなか楽しい瞬間です。

a0116599_202437.jpg

使用するアルコールバーナーはトランギアのアルコールバーナーです。火力調節や消火はアルコールバーナーの使用方法そのままとなりますので、バーナーに付属の「消火フタ兼火力調節フタ」を使用します。トランギアのストームクッカーと同じ操作となりますので、革手袋などの使用が必須となります。(サイズが合えばトランギア社以外のアルコールバーナーも使用可能です。)

サイレントツーバーナーにはゴトクがありますので、ゴトクをつまみ上げバーナーを操作します。
ゴトクは縦方向、横方向どちらにもあげられます。また、横方向の場合は開いた状態で固定が可能です。
(左右それぞれ独立して開く事ができます。開いた状態での固定の向きは観音開きとなります。)

アルコールバーナーは火力調節と消火については、ちょっとした手間がかかります。サイレントツーバーナーも他のアルコールバーナー同様ですので、アルコールバーナーが初めてという方にとってはちょっと使いづらいものであるかと思います。(ストームクッカーを使った事のある方ならば、手袋をせずに消火フタを上から投げ入れて消火に失敗して結局手袋をはめて、、、という経験もあり、、、フムフムとご理解いただけるかと思います。)

そんな不便なアルコールバーナーですが、火遊び同様、夢中になってしまうのです。
(実際、サイレントツーバーナーでの調理は焚火での調理に近い感覚があります。)

a0116599_20594037.jpg

アルコールバーナーはシンプルなだけに使う人のスキルに頼る部分があります。そこでいくつかのコツを知り実践する必要があります。そのコツを知っていれば楽しく便利な道具になってくれるのです。では使い方のコツを紹介してまいります。

使う時はまず、燃料を十分に入れておきましょう。タンクの半分でおよそ25分間燃焼します。実際には半分以上入れることができますので、一回の給油でおおよそ30分は燃焼させることができます。30分の燃焼なら一般的なキャンプでの調理が可能です。(ここで想定する人数は2,3人です。)もちろん炊飯も可能です。そしてツーバーナーですので、スープや焼物も同時に調理しています。燃料が十分に入れておけば、一回の調理の中で給油の作業は必要ありません。(途中で給油が必要となるような、長時間の調理には他のバーナーを使いますしょう。道具には役割分担が重要です。)

※ 写真がゴトクを観音開きにして固定した状態です。観音開きの様子を撮影したものです。実際の給油作業はバーナーを取り外して行なったほうが簡単で安全です。(使用中の給油は厳禁です!)

※ 一般的なアルコールバーナーの使い方としては必要な分だけの燃料を入れる傾向にありますが、サイレントツーバーナーは事前に十分に燃料を入れて、一回の調理の中で燃料切れを起こさないようにする事がコツです。

a0116599_2117474.jpg

次に、点火にはチャッカマンなどの火口の長いライターを使いましょう。ゴトクの隙間から差し入れて安全かつ確実に点火する事が可能です。アルコールバーナーの点火には100円ライターは不向きですので、かならず火口の長いものを用意しましょう。

a0116599_21211293.jpg

美味しそうな目玉焼きが焼けました。でも重要なのは目玉焼きではありません。「革手袋」です。とにかくアルコールバーナーには「革手袋」が必須です。

a0116599_2135440.jpg

ホットサンドが美味しそうに焼けました。一般的なアルコールバーナーでホットサンドを焼くのは簡単ではありません。サイレントツーバーナーの広いゴトクなら自宅のキッチンと同じような感覚でホットサンドも簡単です。さらにツーバーナーですので、焼く枚数が多い時にはまさにぴったりなのです。

a0116599_21344569.jpg

こんな感じでホットサンドメーカーも安定して置く事ができるのです。サイレントツーバーナーは無音で焼いてくれますので、小鳥の声を聞きながらのんびりと、、、とやっていると焼いている事を忘れてしまうかもしれませんのでご注意を。もう一つのバーナーでお湯を沸かせば、コーヒーやお茶、スープなどを同時に調理することができます。また場合によっては、片側を弱火用とセットしておき、強火、弱火と使い分ける事もちょっとしたアイデアです。

a0116599_1413634.jpg

サイズは横幅40cm奥行25cm。ツーバーナーとしてはとても小さなものです。2,3人用のサイズの鍋が2つ並べられるミニマムなサイズです。


a0116599_1572084.jpg

限りなくシンプルなデザインと美しく組み上げられた本体が森の中に溶け込みます。
両サイドにはtent-mark DESIGNとOUTDOOR SHOP DECEMBERのロゴマークが刻印されています。

a0116599_15132272.jpg

サイレントツーバーナーの収納にはDAIS(ダイス)ギア&ログキャリー /サイズS がぴったりです。本体の他、燃料ボトルがフラットに収まります。水平に収納しますので、アルコールバーナーをセットしたまま収納する事ができます。

a0116599_15165827.jpg

サイレントツーバーナーを底部に納めた上に、鍋やケトル、まな板、テーブル、カップ、ウオーターボトルなど、サイレントツーバーナーと一緒に使用するアイテムをひとまとめに入れることができます。(両サイドにポケットがありますので、手袋やチャッカマンなど小物もすっきりと納める事ができます。)


a0116599_15221584.jpg

開発秘話など書きたい事は沢山ありますが、とっても長くなってしまうのでその話はまた後日ということで、、、。ともかく、この新しくて古いアイデアを持ったツーバーナーが、皆様の楽しみの為に静かに燃え続ける事を願っております。

2016年10月14日     

OUTDOOR SHOP DECEMBER 菊地 大二郎



販売ページはこちらです!

テンマクデザイン×DECEMBER  サイレントツーバーナー!(Clik!)







[PR]

# by decembershop | 2016-10-14 21:52 | 調理器具/食器
2016年 08月 05日

第4回 最上川縦断カヌー 7月30〜31日

a0116599_17561949.jpg

今年も最上川縦断カヌーツアーへ参加してきました。今年で第4回となるこのイベントは最上川を上流から河口まで下ろうというイベントで、第1回からずっと参加しています。山形の朝日町という町のイベントなのでスタート(初日)は朝日町からです。初日は毎年同じコースとなるわけですが、この朝日町のコースは最上川の流れの中でも瀬が多く、なかなか楽しい区間なので、飽きる事なく楽しめます。フリースタイルカヤックの方ならご存知の「タンの瀬」も朝日町にあります。(一枚目写真はタンの瀬に突入の瞬間です!今年はかなりの渇水でタンの瀬は小さくなっており、ちょっと物足りない感じでしたが、やはりワクワクはします!)

a0116599_17562226.jpg

こちらは八天の瀬。こちらも水量があると沈続出なのですが、今年は余裕です。

渇水の為、何度かのライニングダウンをしいられ、いつもよりだいぶ時間がかかり、ゴール地点の寒河江(さがえ)についたのは16時過ぎでした。ということで、まずは一日目は朝日町〜寒河江23Kmが無事終了です。


a0116599_17561655.jpg

二日目のコースは大石田から尾花沢までの19kmと短いコースです。青空が広がり気持ちいい風の吹く中をのんびりと下ります。

a0116599_17561346.jpg

水量も増えたので、順調に進みます。

a0116599_1756851.jpg

濁りがありますが、やはり水が多いほうがいいですね。

a0116599_1756692.jpg

恒例のパラソルは、今回、うまい事固定する事ができました。バウマン曰くかなり快適との事。

a0116599_1756442.jpg

夏の川旅は空がいいんです。この空と一緒に下るわけです。


a0116599_1755591.jpg

2日目は19km。あっという間のゴールです。予定時間よりもかなりはやくゴールしそうだったので、ゴールの赤い橋が見えたら、みんな漕ぐのをやめて、ただただ流れいきます。川に飛び込んで流れて行く人もいました。私もカヌーの上に寝転んで雲と一緒に漂いながらゴールまで流れていきました。

夏雲とともに漂う最上川。

来年も楽しみです!
[PR]

# by decembershop | 2016-08-05 18:34 | カヤック/カヌー
2015年 06月 15日

PEAKS!

a0116599_1944713.jpg


本日発売のPEAKS!!なんと、表紙はDECEMBERです!これはかなりうれしいです。山道具店としてはラインナップが変でよくわかならないお店(笑)ですが、皆様にご愛顧いただいたおかげです!そしてそして、さらにニュースです!なんとDECEMBERは東京への出店を計画しております!現在、物件を探している状態です!東京の店舗ではこれまでのアウトドアショップとは一線を画する、新しいアイデアに溢れるものを計画しております!どうぞお楽しみに!


PEAKS WEB (click!)
[PR]

# by decembershop | 2015-06-15 19:07 | 営業案内