2011年 02月 10日

a0116599_21492841.jpg

雪の白さについて問うことはあまりなく、白であることがあたりまえと感じている。実際のところなぜ白いのかは知らない。それが黒でも赤でもかまわない(どうすることもできない)のだが、やはり白でなくては困るような気がする。ときどき「銀」と表現される時もあるがそれは紛れもない白である。白、白、白。あまりにも白。願わくばこの白についてももっともっと知り、その価値(喜び)を深めたいと考えている。

真っ白な心の持ち主へOUTDOOR SHOP DECEMBER (click!)
[PR]

by decembershop | 2011-02-10 22:05 | 雑記


<< FREELIGHT      2/6 スノートレッキング >>