<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 09日

ビーパル小僧。

a0116599_21055595.jpg

「ビーパル小僧」という言葉をご存知でしょうか?
80年代にアウトドアに夢中だった方なら知っている事でしょう。「ビーパル小僧」とは当時、雑誌ビーパルの中でアウトドアを楽しむ読者の事をそう呼んでいました。
私がビーパルに出会ったのは小学生の頃でした。おそらく叔父か誰かが買ってきたものだったのでしょう。当時の私はすでにアウトドアに夢中であり、学校の行き帰りに釣りをするような子供でした。友人4人と連れ立って子供だけでキャンプにでかけた事もありました。自転車にテントやゴムボートをくくりつけて出かけて、川でボートを浮かべて遊び、祖母の家の畑に二人用テントを張って4人で寝たのです。そんな私にとってビーパルはすぐに愛読書になり教科書にもなりました。中学生の頃には勉強机の下にはビーパルがずらりと並び、いつでも手に取って読む事ができました。私はすっかりビーパル小僧になりました。しかし、高校受験だというのにアウトドアの勉強だけに夢中になりすぎてしまったものですから、あるとき学校から帰ると大量のビーパル(教科書)は母の手によってすべて捨てられていたいました。
そんなビーパルとの別れも経験したのち、無事に高校にも入学し、新しいビーパルが机の下に並び始めました。私の勉強机は押し入れを改造したものでしたが、それもビーパルの記事に習ったものでした。高校生になると私の勉強机はタイイングデスク(フライを巻く為の机)になっていました。
高校生の頃、私は一度ビーパルの誌面に登場した事があります。当時、冬になると毎年近くの山(標高およそ900m)に自転車で夜中に登るというイベントを毎年行なっていました。(友人が2人くらいつきあってくれました。)そのイベントの事を書いて写真と一緒に読者投稿欄に送ったのです。載るか載るかと毎月楽しみにして、自分の記事を誌面で見つけた時のうれしさといったら、それはもう最高に嬉しかったです。
そんなビーパル小僧だった私は紆余曲折を経て、アウトドアショップの店主になりました。毎日をアウトドア道具に囲まれて過ごしています。昔は勉強をせずにアウトドアの事ばかり考えていて怒られましたが、今はアウトドアの事を考えるのが仕事です。
そんな「ビーパル小僧」が、なんとビーパルの表紙です!
ビーパル8月号 只今発売中!

皆様のおかげです!これからもよろしくお願いします!


[PR]

by decembershop | 2017-07-09 21:07 | 雑記