「ほっ」と。キャンペーン
2015年 05月 30日

臨時休業のお知らせ

a0116599_1142438.jpg

臨時休業のお知らせ

明日、5月31日(日)は臨時休業となります。よろしくお願いします。

ちなみに来週6月7日(日)も臨時休業となります。
[PR]

# by decembershop | 2015-05-30 11:45 | 営業案内
2015年 05月 23日

那珂川カヌーツーリング

a0116599_18264827.jpg

5月14日、台風一過の空の下、那珂川を下ってきました。関東屈指のカヌーフィールドとして有名なこの川は休日ともなりますと数多くのパドラーが集まるそうですが、今回は平日とあって川を下るのは私たちだけです。山形からは決して近くはありませんが、下り始めてすぐに広がる気持ちのいい景色に思わず「来てよかった〜!」となりました。さてさて!那珂川カヌーツーリングのスタートです!

a0116599_18274894.jpg

緑が眩しいこの季節。窓を全開にして山道を抜けるルートを初夏の風を感じながらの回送。
まずは気持ちのいいドライブです。

a0116599_18275670.jpg

スタート地点。那珂川は河原が多く、そして広い印象です。今度はキャンプをしながら下りたいと思わせる川です。ここでは釣りをしている方々が数人いました。川の中に椅子を置いて釣っている人がおりましたが、そんな釣り方は初めてみました。何を狙っているのかは不明ですが雰囲気からすると気軽な感じではなくちょっと本気な釣りです。釣りも好きな私はとても気になってしまいました。

a0116599_1828123.jpg

今回の水量は少ないとの事。ゆったりとした流れをのんびりと下っていきます。

a0116599_18282369.jpg

この日の気温は30度。日向での休憩は暑いので、日陰になっている河原に上陸。心地よい場所です。

a0116599_20151314.jpg

おやつはいつものチーカマ。昔は魚肉ソーセージだったのですが、このところはすっかりチーカマが定番化してきました。普段は食べたいと思いませんが、川下りとなると食べたくなるのが不思議です。今日は2人なので一人2本。大満足です。

a0116599_18273448.jpg

休憩場所からの眺め。水辺はいつまでいても飽きません。

a0116599_182816100.jpg

那珂川にはこのような船がたくさんあります。みな現役のようで、新しく作られた物もありました。生活の中にある川というのはいいものですね。(ゴール付近で実際に乗っている人をみました。見事な竿さばきでフェリーグライドをするように川を横切っていきました。)


a0116599_18273872.jpg

本日はバウ(船首)で。景色が存分に楽しめます。

a0116599_18274285.jpg

とろ場で交代でカヌーに乗って撮影会です。

a0116599_18283111.jpg

いつもお世話になっているKさん。この方は毎週(毎日?)のように川を下っている素晴らしきカヌーバカです。今回も翌日、翌々日と下るそうです。

a0116599_18284368.jpg

時々ちょっとした瀬はあるものの、とにかくこんな景色でのんびりなのです。だんだんとゴールが近づいてきました。ゴールが近づいてくると、もっと漕ぎたいと思うのです。ゴールは茨城県に入ってすぐの地点です。県境を越えて、川は太平洋へと流れていきます。


a0116599_18284772.jpg

無事ゴールです。雲一つない青空の下、カヌー銀座といわれる那珂川を貸切。気持ちのいい一日でした。
この後、鮎を食べてお昼を河原で食べて、スタート地点に車を取りにいって解散となりました。次回は最上川を下る予定です!
[PR]

# by decembershop | 2015-05-23 20:36 | カヤック/カヌー
2015年 05月 19日

DECEMBERオリジナル ギアトート!

a0116599_17545590.jpg

アウトドアで思いっきり遊ぶには、いろんなものが必要です。そしてそれらを運ぶためのバックが重要です。様々な種類のバックがあるなかで、定番バックといえばやっぱりトートバック!季節を通して一番使うのがこのギアトートです!
a0116599_18211599.jpg

開口部にぐるりと巻かれたギアループが特徴的なデザインです。本体生地にはアクリルコーティングされたバリスティックナイロン、ギアループはクライミング用のチューブラーテープと本気の素材です。手前が40Lのレギュラー、奥が80LのLです。普段は用途にわけて使ってますが、キャンプになるとどちらも出番です。レギュラーには衣類、Lサイズにはタープやマット、シュラフなどを入れてます。
a0116599_18255654.jpg

Lサイズにタープ、ピクニックチェア、サーマレスト社のZライトをいれた状態です。Zライトは2枚がすっぽりと入っています。上部にはまだ余裕があります。
a0116599_18253542.jpg

レギュラーサイズ(40L)のサイズ感です。モデルの身長は160cmです。普段使いも考えるならこちらのサイズです。トートとしては大きめですがタウンユースもこなしてくれます。
a0116599_18254053.jpg

Lサイズ(80L)のサイズ感です。こちらは本気で運ぶ大きさです。荷物を運ぶという用途ではやっぱり大きなものが使いやすいです。こちらには開口部にストラップがついて、中のものを押さえることができます。
a0116599_18253035.jpg

どちらのサイズもおすすめなので、2サイズ使ってもらうのがおすすめです。笑。
(実際に2サイズお買い上げいただく事が多いです。)


価格もリーズナブル!DECEMBERオリジナル ギアトート!(Click!)
[PR]

# by decembershop | 2015-05-19 18:36 | 雑記
2015年 05月 16日

DECEMBERオリジナル トランギア 赤シリーズ

a0116599_18113846.jpg

2013年に販売を開始した当店オリジナルのトランギア赤メスティン。おかげさまで人気商品となり、ラージメスティン、ケトル、ストームクッカーへとラインナップを増やしていきました。そもそもなぜ「赤」なのかといいますと、昔のトランギアに塗られていた独特の雰囲気を持つ「朱色のような赤」。その「赤」を忠実に再現して塗装を施したのがDECEMBERオリジナルのトランギア赤シリーズです。

a0116599_15492560.jpg

メスティンは昔からアルミ地のままでいわゆる「赤トランギア」というようなものはありませんでしたが、お気に入りの道具だった事もあり、当時の「トランギアの赤」を塗ったらどうだろう?ということで学生時代に買った赤のクッカーとメスティンを持って塗装加工会社へと出向きました。工場となりますと基本的には量産品の加工を行うところですので、このような加工は受け入れてはもらえませんが、実はこちらの会社の方は当店のお客様で以前から「何かあれば」とお声をかけていただいていたのです。加工をお願いして1週間、試作品完成の知らせをうけて向かった先には、あの「朱色のような赤」が忠実に再現された「赤メスティン」が出来上がっていました。それはまさしく、当時の「赤」でした。(一枚目の写真が当時のクッカーと赤メスティンです。どうです!同じ色でしょう!)

a0116599_1550225.jpg

かくして「赤メスティン」はでき上がりました。その人気は「当時の赤」という事よりも、赤というキャッチーな色あいによるところが多くあるようでしたが、当時の赤を知る方からは、「その色」についての熱いコメントも多数いただき、こちらもこだわったかいがありました。
a0116599_1645955.jpg

赤になった事でこれまでより、もっと愛着を持って使っていただけるだろうということで、専用ケースもつくりました。両面にそれぞれメスティンの表裏をプリントしましたが、このデザインも赤でこそ、生きてきます。

a0116599_1685117.jpg

お客様からの要望により、ケトルの制作も開始しました。こちらは分解→塗装→組立という作業が必要です。ちなみに、分解、と組立は私が手作業でコツコツと行ってます。たまにドリル刃がすべってキズがちょっとついてしまいます。アウトレット品がでる理由はそれなんです。


しばらくの間、品切れ状態が続いておりましたが、この度ようやく発売のめどがたちましたので、予約受付を開始いしました。お届けは6月初旬〜とちょっと先ですが、よろしくお願いします。

DECEMBERオリジナル Trangia トランギア 赤 メスティン/ケトルご予約ページ!(Click!)
[PR]

# by decembershop | 2015-05-16 18:08 | 調理器具/食器
2015年 05月 12日

KLEPPER! クレッパー!テント!

a0116599_2155252.jpg

60年代のものと思われるクレッパーの古いカタログの表紙です。登り始めた太陽の日差しの中でカヤックの準備をする男女。遠くには早起きをした二人がすでに湖面に浮かんでいます。気持ちのいいキャンプの朝の風景です。今回ご紹介するテントはこの表紙にあるテントです。

a0116599_2160100.jpg

カタログの写真と同じ角度からです。分割したパターンでアーチ状の空間をポールの手前に作っています。外から見てこの部分にグッとくるわけですが、見た目だけでなく内部には気持ちのいい空間があるのです。(ちょっと風に押されております。)

a0116599_2155483.jpg

商品紹介のページの写真は一枚だけなのにやはり、「後ろ姿」なんですね。メーカーとしてもそこが売りだったのでしょう。実際、他の家型テントにはない構造です。

a0116599_2161120.jpg

佇まいはシンプルですが、細かな部分がなかなかよくできております。例えば、ラインの取り方や、庇とラインの調節機構など、アイデアがいっぱいなんです。

a0116599_216728.jpg

ドアは2重構造でメッシュ付きです。そして常時換気用メッシュ窓があるのですが、そこの構造がまたシンプルなんですが、うまくできてるんです。とても合理的です。

a0116599_216625.jpg

こちらは後部の換気窓。メッシュ窓で蓋ができます。ここもドアの窓と同じ構造で、布をずらすだけで開閉の固定をすることができます。

a0116599_21655.jpg

開きました。なんども開閉しては外を見てみたりして楽しみました。40年以上前のテントですがとても勉強になります。

a0116599_216390.jpg

中はこんな感じです。頭の上(奥)に円形に近い空間があるのはなんとも落ち着きます。

a0116599_2161311.jpg

こちらが収納ケース。このケースの構造も見た事がない構造で、よくわかりませんが「さすがドイツ!」と唸ってしまうのです。

a0116599_2155754.jpg

このマークがまたいいんです、この旗も探してます。カヤックの後ろにつけるんです!(年代の違うものは持っているんですが!このマークの旗が欲しいのです!)

a0116599_2161577.jpg

そしてこちらが我が愛艇のクレッパーアエリウス!このカヤックの構造がまた素晴らしく、、、。長くなるのでやめておきます。クレッパーはセーリングキットもあり、普通の状態でマストがつけられるようになってます。ということで、セールも探しに探して手に入れたのです!

a0116599_2161861.jpg

微風でもスイーーーット!いや〜クレッパー万歳なのです。


こちらが乗っている時の動画です。


[PR]

# by decembershop | 2015-05-12 22:17 | テント