2015年 06月 15日

PEAKS!

a0116599_1944713.jpg


本日発売のPEAKS!!なんと、表紙はDECEMBERです!これはかなりうれしいです。山道具店としてはラインナップが変でよくわかならないお店(笑)ですが、皆様にご愛顧いただいたおかげです!そしてそして、さらにニュースです!なんとDECEMBERは東京への出店を計画しております!現在、物件を探している状態です!東京の店舗ではこれまでのアウトドアショップとは一線を画する、新しいアイデアに溢れるものを計画しております!どうぞお楽しみに!


PEAKS WEB (click!)
[PR]

# by decembershop | 2015-06-15 19:07 | 営業案内
2015年 06月 09日

DAIS キャンバスルーフ330×330

a0116599_1512380.jpg

DAISのキャンバスルーフの大きなサイズ330×330cmです。正方形型で、一般的な4〜5人用のタープとほぼ同等サイズです。これまで販売していたサイズが220×220cmですので面積にしておよそ倍の大きさになります。(正確には4,84㎡→10,89㎡と倍以上となります。)

a0116599_16453059.jpg

DAISのキャンバスルーフの特徴はその素材にあります。一般的にタープといいえば「薄くて軽い」生地が選ばれますが、できるだけ「厚い」生地で作りました。理由は、その名の通り「屋根」として様々な状況において役割を果たせるように考えたからです。パラフィン(ろう)をしみ込ませた帆布は、日差しと雨を遮ります。ただしその目的を果たすのであれば、ポリエステルにウレタンコーティングされたものや、シルナイロンなどの繊維で十分です。また、雨除けとしてはそれらの化学繊維のほうが優れている点も多いでしょう。ではなぜ、綿かといいますと第一には風合いです。野外での時間を楽しむ中で身の回りのものが自然に近いものであれば、その時間はよりリラックスできるものになるでしょう。

a0116599_16473252.jpg

第二にキャンプの主役ともいうべき焚火に対しての有効性です。焚火は人間以上に雨を苦手としますが、雨を得意とする化学繊維のタープとは相性がよくありません。相性がよくないものを一緒に使うのはとても気を使います。お気に入りのタープが火の粉によって穴があくのを心配しながら火の粉を目で追うのは、焚火のリラックス効果と正反対の効果を生み出します。DAISのキャンバスルーフに使われている帆布は「耐火」というほどの絶対的なものではありませんが、一般的なタープと比較した場合、焚火用として十分にその仕事をこなしてくれます。

a0116599_11544239.jpg

外周は本体生地を三つ折りにしています。グロメットの補強には革を使用しています。どちらも強度と雰囲気を兼ね備えた仕様です。

a0116599_1353351.jpg

パラフィン帆布は始めのうちはシワ目立ちますが、使い込むうちにシワも馴染んで目立たなくなります。
正方形ですので、ポールを増やしてフラット、斜め、片側ウオールなど様々な張り方のアレンジが可能です。(写真のポールは240cmを使用しております。)

写真のスモーキーベージュの他、マスタードイエローの2色からお選びいただけます。工房にて一点一点手作りしておりますので、サイズのオーダーやグロメットの追加も可能ですので、お気軽にご相談ください。

DAIS キャンバスルーフ販売ページ(click!)
[PR]

# by decembershop | 2015-06-09 13:27 | DAIS
2015年 05月 30日

臨時休業のお知らせ

a0116599_1142438.jpg

臨時休業のお知らせ

明日、5月31日(日)は臨時休業となります。よろしくお願いします。

ちなみに来週6月7日(日)も臨時休業となります。
[PR]

# by decembershop | 2015-05-30 11:45 | 営業案内
2015年 05月 23日

那珂川カヌーツーリング

a0116599_18264827.jpg

5月14日、台風一過の空の下、那珂川を下ってきました。関東屈指のカヌーフィールドとして有名なこの川は休日ともなりますと数多くのパドラーが集まるそうですが、今回は平日とあって川を下るのは私たちだけです。山形からは決して近くはありませんが、下り始めてすぐに広がる気持ちのいい景色に思わず「来てよかった〜!」となりました。さてさて!那珂川カヌーツーリングのスタートです!

a0116599_18274894.jpg

緑が眩しいこの季節。窓を全開にして山道を抜けるルートを初夏の風を感じながらの回送。
まずは気持ちのいいドライブです。

a0116599_18275670.jpg

スタート地点。那珂川は河原が多く、そして広い印象です。今度はキャンプをしながら下りたいと思わせる川です。ここでは釣りをしている方々が数人いました。川の中に椅子を置いて釣っている人がおりましたが、そんな釣り方は初めてみました。何を狙っているのかは不明ですが雰囲気からすると気軽な感じではなくちょっと本気な釣りです。釣りも好きな私はとても気になってしまいました。

a0116599_1828123.jpg

今回の水量は少ないとの事。ゆったりとした流れをのんびりと下っていきます。

a0116599_18282369.jpg

この日の気温は30度。日向での休憩は暑いので、日陰になっている河原に上陸。心地よい場所です。

a0116599_20151314.jpg

おやつはいつものチーカマ。昔は魚肉ソーセージだったのですが、このところはすっかりチーカマが定番化してきました。普段は食べたいと思いませんが、川下りとなると食べたくなるのが不思議です。今日は2人なので一人2本。大満足です。

a0116599_18273448.jpg

休憩場所からの眺め。水辺はいつまでいても飽きません。

a0116599_182816100.jpg

那珂川にはこのような船がたくさんあります。みな現役のようで、新しく作られた物もありました。生活の中にある川というのはいいものですね。(ゴール付近で実際に乗っている人をみました。見事な竿さばきでフェリーグライドをするように川を横切っていきました。)


a0116599_18273872.jpg

本日はバウ(船首)で。景色が存分に楽しめます。

a0116599_18274285.jpg

とろ場で交代でカヌーに乗って撮影会です。

a0116599_18283111.jpg

いつもお世話になっているKさん。この方は毎週(毎日?)のように川を下っている素晴らしきカヌーバカです。今回も翌日、翌々日と下るそうです。

a0116599_18284368.jpg

時々ちょっとした瀬はあるものの、とにかくこんな景色でのんびりなのです。だんだんとゴールが近づいてきました。ゴールが近づいてくると、もっと漕ぎたいと思うのです。ゴールは茨城県に入ってすぐの地点です。県境を越えて、川は太平洋へと流れていきます。


a0116599_18284772.jpg

無事ゴールです。雲一つない青空の下、カヌー銀座といわれる那珂川を貸切。気持ちのいい一日でした。
この後、鮎を食べてお昼を河原で食べて、スタート地点に車を取りにいって解散となりました。次回は最上川を下る予定です!
[PR]

# by decembershop | 2015-05-23 20:36 | カヤック/カヌー
2015年 05月 19日

DECEMBERオリジナル ギアトート!

a0116599_17545590.jpg

アウトドアで思いっきり遊ぶには、いろんなものが必要です。そしてそれらを運ぶためのバックが重要です。様々な種類のバックがあるなかで、定番バックといえばやっぱりトートバック!季節を通して一番使うのがこのギアトートです!
a0116599_18211599.jpg

開口部にぐるりと巻かれたギアループが特徴的なデザインです。本体生地にはアクリルコーティングされたバリスティックナイロン、ギアループはクライミング用のチューブラーテープと本気の素材です。手前が40Lのレギュラー、奥が80LのLです。普段は用途にわけて使ってますが、キャンプになるとどちらも出番です。レギュラーには衣類、Lサイズにはタープやマット、シュラフなどを入れてます。
a0116599_18255654.jpg

Lサイズにタープ、ピクニックチェア、サーマレスト社のZライトをいれた状態です。Zライトは2枚がすっぽりと入っています。上部にはまだ余裕があります。
a0116599_18253542.jpg

レギュラーサイズ(40L)のサイズ感です。モデルの身長は160cmです。普段使いも考えるならこちらのサイズです。トートとしては大きめですがタウンユースもこなしてくれます。
a0116599_18254053.jpg

Lサイズ(80L)のサイズ感です。こちらは本気で運ぶ大きさです。荷物を運ぶという用途ではやっぱり大きなものが使いやすいです。こちらには開口部にストラップがついて、中のものを押さえることができます。
a0116599_18253035.jpg

どちらのサイズもおすすめなので、2サイズ使ってもらうのがおすすめです。笑。
(実際に2サイズお買い上げいただく事が多いです。)


価格もリーズナブル!DECEMBERオリジナル ギアトート!(Click!)
[PR]

# by decembershop | 2015-05-19 18:36 | 雑記